FC2ブログ

日常

今年の目標

 ←37 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ③ →38 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ④
 昨年の記事を見てみておりましたら、仕事でも、また仕事以外でも色んなものを背負い、責任を果たすといったものでした。

 さて、それから一年が過ぎました。自ら負う責任とは、自らの行った行動や言動に責任を持つということであり、非のあるところは謝罪し、問題ない部分に関しては誰もが納得できるように説明責任を果たすということです。この目標に関しては、不十分であると認識しておりますが、大体においてできたのではないかと思います。もちろん、これで終わることなく、努力を続けていこうと思います。

 今年の目標は、字の上達をするということです。

 これはなぜかと申しますと、檀家様より「年齢を重ねていけば必ず上達する」、他の檀家様からは「葬儀の際の白衣に書いてくれていた背文字が素晴らしかった」、近くにいる方からは「以前より格段に上達した」などと言われたからです。これまでは「字のバランスが悪い」とか、「見本と同じように書けばいい」、また「字は真っ直ぐ書けばいい」、さらには「性格が真っ直ぐなのに、なぜ字が曲がっているんだ」などと言われていました。

 さて、前者と後者を比べてみると、前者は圧倒的な信頼または純粋に言っている言葉、後者も純粋ではありますが、どちらかと言えば批判的な言葉に見えますが、私を伸ばそうとして言ってくれている言葉です。これらを言われたおかげで今年の目標を定めたわけですが、実はきっかけは異なります。


 では、そのきっかけは何かというと、昨年の秋頃に、知人の身内の方が亡くなられた際に、書かれてあったお位牌の字が、字の綺麗云々ではなく、字の大小とバランスと真っ直ぐ書けていなかったそうです。そして私に向かって「あなたは綺麗よ。真っ直ぐ書けてるから」と、言われたのです。この言葉には本当に堪えました。なぜなら、その方は純粋に、真剣に言われたからです。これに関しては、やはり怒られるほうが人間は楽なんだなと感じました。

 これまでも自分の字が綺麗ではないことは自覚していました。それを注意してくれる方もいましたが、その言葉は耳に入っているんですが入っておらず、問題のある部分を直す努力をしていなかった愚か者です。しかし、この言葉は他人事に捨て置くということはできなかったので、それからは批判的に見て言ってくれている方のお言葉の通りにやっていこうと、方向転換をすることにしました。

 また、その方からは、以前勤められていたお寺のご住職さんのお話しを教えてもらいました。

 そのお寺に入り、ご住職さんの字を見ると綺麗な字を書かれるなと思ったそうです。そのことを当時そのお寺に執事としてお勤めされていた書道十段の方に伝えると、右手で書いていたときのほうが素晴らしかったと言われたそうです。聞くところによると、ある時、そのご住職さんの利き手である手では字が書けなくなったそうです。

 私ならただ絶望し、打ちひしがれ、逃げているのではないかと思われますが、そのご住職さんは違いました。左手でも字を書けるように猛練習した結果、利き手じゃない左手でも素晴らしい字を書けるようになったそうです。ご住職さんの奥さんは、勤めている方々に対して「皆勘違いしてはいけない。住職さんは天才ではなく努力をする人だ」と言われたそうです。

 想像を絶する努力をなされたことは容易に分かります。なぜなら利き手でも上手く書くことが難しいのに、それを利き手ではない手で、さも利き手で書いているのであろうと思えるほどの字を書かれているからです。


 さすがに利き手じゃない手で書くという芸当は難しいので、利き手でまともに書かなければいけないと思い、教えてもらった「字を真っ直ぐ書く」ということを自分なりに徹底して書いてきたつもりです。しかし、書いている時の自分は一生懸命書いているので「大丈夫だろう」と思うのですが、書き終わって時間が経つと「なんだこれ」と自分の書いた字を見ながら思う日々です。

 以前よりは極々多少ですが、ましになってきている、そう思いもっと真剣に努力していこうとした矢先に、冒頭の言葉を言われたのです。言われた時には驚愕しましたし、「このままではいけない」とより思った次第です。

 以上のことにより、今年の目標は、字を上達させることとしました。いずれは恥じることなく字を書けるようになるべく、努力をしていこうと思います。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 日常
もくじ  3kaku_s_L.png 四国遍路
もくじ  3kaku_s_L.png 結衆
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教解説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巡礼
【37 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ③】へ  【38 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ④】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【37 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ③】へ
  • 【38 仏教とはなにか -ブッダを継ぐ人々- ④】へ