結衆

大法会 ④

 ←大法会 ③ →82 人間としてのブッダ -仏舎利- ①
 ついに最終日となりました。最終日ははじまる時間が少々遅いので、そこまで焦ることはありませんでしたが、ここ二日間の疲れが少々出ているような気がしました。しかし、泣いても笑っても本日が最後、次回は十年後となりますので、できることは全力でやろうと思います。

 朝のお勤めを済ませ、すぐに道場の準備に取り掛かりました。前日と一緒で、色々とやっているうちに皆さんが来られる時間となりました。お手伝いの方がまず来られ、続いてお寺さんがいらっしゃいました。そして、朝のご挨拶を総代さんとともにしてから、四座目を修すべく、道場へと入っていきました。この四座目は朝のお勤めみたいなもので、作法はなく、一時間もかからず終わるものでした。

 四座目が終わると、続いて最後の結願の座の準備です。四座目がはじまる前に大体は準備していましたのですぐに終わりました。

 準備ができ、定刻となりましたので、入堂することとなりました。次第通りに進んでいき、皆さんには中座していただき、最後の過去帳読みをさせていただきました。三日間のうちで四回目に当たる読みたてでしたので、この時すでに声が枯れつつありましたが、なんとか問題もなく終えることができました。過去帳の読みたて後、また皆さんに入堂していただき、最後まで次第を進めました。


 最後に法話があり、その後に、高野山へとこの火を高野山へと還すこととなりました。最初と逆順に火を消していき、火を消し終わると、道場内の電気も全部消し、結願の座を終えることとなりました。
 お寺さん方の控室に戻り、皆さんへのご挨拶をし、次年度の当番寺院であるお寺さんと総代さんより引継ぎの挨拶がありました。それが終わると、道場内の片づけを皆さん(お寺さんと檀家さん)にお手伝いをしていただき、ある程度片付いたところで、お寺さんにお茶をお出しし、お帰りいただくことになりました。


 正直、できていたかどうかといわれれば、まだまだ不行き届きな点も多々ございました。それゆえに、お手伝いの方や、お寺さん、また御参詣に来られていた方々にご迷惑をお掛けしてしまったことと思います。(私が思うことだけでも多数ありました)しかし、だからこそ、次回には今回よりもっと良くしていき、檀家さんやお寺さんに迷惑をかけないように努力していかなければなりません。次は五年後に常楽会がございます。こちらは一日だけなのですが、この時までに、様々な角度で考えていきたいと思います。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 日常
もくじ  3kaku_s_L.png 四国遍路
もくじ  3kaku_s_L.png 結衆
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教解説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巡礼
【大法会 ③】へ  【82 人間としてのブッダ -仏舎利- ①】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大法会 ③】へ
  • 【82 人間としてのブッダ -仏舎利- ①】へ