日常

厳父と慈母

 ←46 人間としてのブッダ -無我- ② →47 人間としてのブッダ -時代背景-
 揚げ足を取る人となると別次元の話になるのですが、愛情がある人は損得を考えずに、目の前の人が間違っていることを叱ります。


 いったい、私どもの家庭、それは単純な家庭もあろうし、複雑な家庭もありましょう。またよい家庭もあろうし、悪い家庭もありましょう。だが、なんといってもまず私たちの理想の家庭というのは、両親も揃い、子供も幾人かあるという、朗らかな団欒の家庭でしょう。ところで、子に対する親の愛ですが、親の目には幾人子供があろうと、その間には甲乙、親疎の区別はありません。もっとも、父親の子供に対する愛の態度と、母親の子供に対する愛の態度とは、おのずからその愛の表現において、そこに一種の区別がありましょう。「厳父」の愛と、「慈母」の愛、それが区別といえば区別です。それは叱ってくれる愛と、抱いてくれる愛です。叱ってくれる愛、それは智慧の世界です。批判の世界です。折伏の世界です。抱いてくれる愛、それは慈悲の世界です。享受の世界です。摂受の世界です。

  父はうち母は抱きて悲しめばかわる心と子やおもうらん

 で、父は打ちとは、叱り手の愛です。それは哲学の領分です。母は抱くとは抱き手の愛です。それは宗教の領域です。智慧の哲学と、慈悲の宗教とは少なくとも仏教においては、二にして一です「かわる心と子や思うらん」といいますが、それはつまり子供の僻目(ひがめ)です。事実は、父も母も、子のかわいさにおいては、なんら異なっているところはないのです。ある時は叱り、ある時は抱く、それで子供は横道にそれず、邪道に陥らず、まっすぐにスクスクと伸びてゆくのです。

  うたたねも叱り手のなき寒さかな

 と、一茶(いっさ)もいっていますが、たしかに叱り手のないことは、淋しいことです。大人になればなるほど、この叱り手を要求するのです。頭から、なんの飾り気もなく、自分の行動を批判してくれる人がほしいのです。陰(かげ)でとやかく非難し、批判してくれる人は多いが、面と向かって、忠告してくれる人は、ほんとうに少ないのです。だが、叱り手を要求する私たちは、一方においては、また、黙って抱いてくれる人がほしいのです。善い悪いは、十分わかっておりながらも、頭からガミガミ叱らずに、だまって愛の涙で抱擁してくれる人もほしいのです。

  この寒さ不幸者奴(め)が居(お)りどころ

 といった、愛の涙もほしいのです。

  是れきりでもうないぞよと母は出し

 小言をいいつつも、やはり、わが子かわいさに、財布(へそくり)の底をはたいて、出してくれる、母の慈愛もほしいのです。不幸者奴と罵(ののし)りつつ、もうないぞよと意見しつつ、なおもわが子をば、慈愛の懐(ふところ)に抱いてくれる親の情けは、否定しつつ、肯定しているのです。智慧の涙と、慈悲の涙、たといその表現の相(すがた)においては異なっておろうとも、その心持には、なんの違いもないのです。(高神覚昇著「般若心経講義」より抜粋)



 現在読ませていただいている本の中から、いささか長文となりましたが抜粋させていただきました。(尚、この本はいいところが多すぎるので、メモを取るということができないほどの本だと私は思います)まさにこの通りです。叱るというだけではいけませんし、情だけでもいけません。また、大人になれば叱ってくれる人がいなくなるというのも事実ですし、そうかといえば、優しく肯定して包み込んでくれる人もほしいのです。


 叱ってくれる人(道を正してくれる人)とはどのような人なのかと申しますと、とにかく愛情があるというのがまず第一の特徴であります。怒るという行為は疲れますし、叱ったあと相手はどうでしょうか、腹を立て、また恨み、憎しみを持つのではないでしょうか。それを承知の上で相手の将来を真剣に考えて叱る、これが愛情でなくしてなんなのでしょうか。大人になればなるほどいわれなくなってくる、そうなってくれば自分の悪い部分を忠告してくれないから自分で気づく以外の方法がなくなります。しかし、自分のやっていることを冷静に客観視して、周囲の人々がどのように感じているかを的確に判断することができるかと申しますと、できる方は限られるのではないでしょうか。叱ってくださる人がいるというのは本当に有難いことなのです。

 しかし、ガミガミと叱るだけでは萎縮してしまい、自分の意見をいえなくなったり、叱る人に反発をして話を聞かなくなったりします。そこで登場するのが「慈母」という存在です。叱ってほしいけれども、何もいわずに聞いてくれて、否定をせずに自分の全てを抱いてくれる人もほしいのです。


 人は一人ではどれだけ強がったとしても生きることは不可能です。やはり誰かの愛情を受け、時には叱られて間違いを正してくださり、そうと思えば優しさで包んでくれる、このような人も必ず必要なのです。それは家族なのか他人なのかということはさておき、じっくり自分の周りにいる人々のことを考えてみれば、おのずから優しくしてくれている人が必ず見つかります。(ただし、相手だけが悪いとしか考えない場合は、残念ですが見つけることができません)

 また、「厳父」と「慈母」両方の性質を併せ持つ方も稀にいらっしゃいます。この人は、正しいこと、また間違っていることを客観性を持って即答でいってくれます。しかし言う自分はひたすら努力をしていき、間違ったことをした場合はすぐさま反省し、改善していきます。わからないことは聞き、それを受け入れる柔軟さもあり、それでいてできてない部分の多い他人の私(もちろん私以外の人)にもどこまでも優しいのです。その人の家族においてはいうまでもないでしょう。その人に「あなたのようになることがいまの私の目標です」といえば決まって「私程度を目標にするのではなく、もっと上の人を目標にしなさい。あなたはまだ若いんだから私ぐらいすぐ抜ける」とお答えになります。私の答えも決まっていて、「難しい」としかいえません。私の目標はいまのところこの人です。


 私も生きているかぎりにおいては、家族のお手本となるべく、自分の心と常に会話しながらできていない部分を直していき、いずれは目標とする人のような「厳父」と「慈母」の両方の性質を備えれるよう努力していこうと思います。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 日常
もくじ  3kaku_s_L.png 四国遍路
もくじ  3kaku_s_L.png 結衆
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教
もくじ  3kaku_s_L.png 仏教解説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巡礼
【46 人間としてのブッダ -無我- ②】へ  【47 人間としてのブッダ -時代背景-】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【46 人間としてのブッダ -無我- ②】へ
  • 【47 人間としてのブッダ -時代背景-】へ