~苦しみの分だけ幸せになれる~

日常の出来事の中で気が付いた事を少しずつ書いていこうと思います。

53 仏教とはなにか -経典- ⑤

仏教解説

 ブッダは普通の聴聞者に対しては、まず施与をすすめました。それは必ずしも仏教教団に対しての布施のみではなく、社会事業的な意味をも含めていました。相手がどのような人かにかかわらず施与をすることは、人間の本能の所有欲を制御する意味において、信仰生活に入る第一歩です。次に、在家者に相応しい生活規定(殺生、盗み、邪淫、虚言、飲酒の禁止)を守ることを勧め、その結果、現世には安らかに暮らし、未来は安楽になるであろうと教えました。在家信者に対するこの根本的な教訓は、ブッダの弟子達も常に繰り返したに違いありません。あるいは、もっと進んだ人々には四諦、八正道などの道理も説明したことでしょう。ブッダの時代にも大商人スダッタなどは、平凡な仏弟子のかなわない程の見識を持っていました。

 しかし、それは例外であって、一般の人々はもっと興味ある話題を求めていたに違いありません。パーリ語聖典にも、漢訳やチベット語訳の大蔵経の中にも、現存の梵語経典にも「ジャータカ」と呼ばれる説法文学の部門があり、多くの興味ある物語を収めています。


 「ジャータカ」は「本生話(本生譚)」といい、ゴータマ・ブッダが過去の多くの生涯の間に、あるいは人に生まれ、あるいは動物に生まれ、色々の経験をした物語の形式で、日本の読者にもよく知られた話が多いです。話の資料は仏教的というよりも、むしろ一般のインド民衆が大昔から語り伝えた説話を取り上げ、仏教の教訓の枠の中にあてはめたものです。インドでも、後にはバラモン側の手で説話集が編集され、近代インド文学にも連なりますが、これらの説話はペルシャ、アラビアなどを経て、ヨーロッパの童話の中にはインド起原のものが少なくありません。

 古くからインド民衆のものであったこれらの説話は、まず仏教徒の手で磨かれ集録されました。パーリ文ジャータカには五百以上の説話が含まれますが、それぞれ詩と散文とからなり、詩の部分の方が古いです。他の「経」と同じく「ジャータカ」も、すべてブッダ自ら語ったと言われています。場合によっては、ブッダ自身がこういう物語の形式で教えを説いたということもあり得るかもしれませんが、この五百以上の説話すべてをブッダが説いたとすることは、内容から言っても無理でしょう。ブッダの後に、教団の中でだんだんと集成されたと見た方が自然です。

 とにかく「ジャータカ」は実社会の色々な場面を描写しているので、西暦紀元かその二、三百年前のインド人の実際生活を知る上ではきわめて貴重な文献なのです。教団内でもこうした説話を語り合ったでしょうが、とくに在家信者に対しては手頃な話題であったに違いありません。

 「ジャータカ」の成立年代については、サーンチーの仏塔の石垣の彫刻が何よりの証拠となります。ここに見出される浮彫は明らかに私たちの知っている「ジャータカ」の物語を描写したものであって、このことからみれば、アショーカ王の時代、またはそれからのあまり降らない頃に、仏教の教団で「ジャータカ」が盛んに利用されていたことがわかります。

 パーリ語聖典は幾つかあった伝承のうちの一つにすぎず、唯一の経典集録ではありません、またブッダ入滅後四百年程も経ってから現在見るような形で編集されました。つまりこれをもってブッダの宗教活動の忠実な記録と見るわけにはいきません、それにもかかわらず、ブッダの本当の教義がこのパーリ語文献の集成、またはそれに相応する他の大蔵経の中のどこかに見出されることは間違いないです。しかし、そのうちのどこがそうかと言われると、誰も自信をもって答えるわけにはいきません。仏教の原初形態を再現しようという試みは厳密な意味では不可能に近いです。しかし、仏教において生活の基準を求める人々は、この理論的困難を実践の上で克服してきました。おそらく今後もそうしたことが繰り返されることでしょう。*

*渡辺照宏著 「仏教のあゆみ」
スポンサーサイト

▲PageTop

52 仏教とはなにか -経典- ④

仏教解説

 上座部は教団の表面に立って活躍する長老たち(上座)の指導する一派でした。仏教の教団には指導者という制度は認められておりませんでしたので、必ずしも教団の全ての人がその下についたわけではありませんでした。上座部ではマハーカッサパ以来法統(ほうとう:仏法の伝統)を継いだ人々の系図を持っていましたが、これは必ずしも教団全体の統理(とうり:統一しておさめること)ではありませんでした。

 上座部と正反対の行き方をしていたのが大衆部です。大衆というのは、必ずしも人数が多いという意味ではありません。上座部は一途に伝承を重んじ教団の規律を厳重に守ろうと努めました。これはいわば純粋に出家者のための仏教でした。それに反して大衆部では初めから在家の信者の参加を歓迎し、実際社会と接触し、形式よりも真理の追究に重点を置いていました。大衆部が後世の大乗仏教と関係があるかもしれないと推測される理由の一つはここにあります。

 しかし上座部にせよ、大衆部にせよ、中国や日本に見られるような宗派でないことを注意しなければなりません。教理の上で見解の相違があったにしても、また戒律の細かい点で意見の食い違いがあったにしても、上座部も大衆部も同じ僧侶の集団生活を営み同じ規律のもとにありました。例えば奈良仏教に対する平安仏教とか、鎌倉時代の宗派的対立などは、後世でもインドでは絶対に見られませんでした。日本でいうような宗派宗旨などはインドの仏教ではありませんでした。

 個々の経典が集積されて、ついには大蔵経、三蔵としてまとめられますが、パーリ聖典のうちで「三蔵」という言葉が出てくるのは「ミリンダパンハ(ミリンダ王の問い)」が最初で、このお経は西暦始め頃の成立と考えられます。三蔵というのは「三つの容れ物(ピタカ)」ということで律と経と論とを指します。しかし、ピタカやニカーヤ(経典の集録)という言葉はこれよりも古いです。

 アショーカ王が太子の時に駐在した中インドのウッジャインの近くに今日でもなおサーンチーの巨大な仏塔の群を仰ぐことができます。中でも第一大塔の大きさは直径三十七メートルの円盤で高さ十七メートルです。特に素晴らしいのはその周りに廻らした石垣で、東西南北の四門をそなえ、ふんだんに彫刻を施し、全体が仏教美術の一大殿堂を成しています。これはアショーカ王の建設であり、紀元後第一世紀までの間に何度も手を加えられましたが、興味あるところは、建設に力を尽くした尼僧の名前が記してあり、その名に「ニカーヤに通じたる」とか「ピタカに通じたる」とか「法を説く人」とかいう称号が加えられ、ある尼僧については「経に通じたる」と言われています。これらの集録から見て、当時すでに「ピタカ」とか「ニカーヤ」とかいう集録が一般に行われ、それらに精通していることが尼僧の一種の肩書として通用したことが分かります。この後に、中国でも「三蔵」または「三蔵法師」が訳経僧の称号となりました。もちろん、それが後世のピタカやニカーヤと必ずしも同じものではなかったかもしれません。「法を説く人」という称号は特に宣教布教に熟達した人をいうのでしょう。冠婚葬祭などの宗教儀礼を行わない仏教教団が一般民衆と接触するのは説法による他ありませんでした。「法を説く人」は教団の内部でももちろん重要には違いありませんが、それは社会的にも必要な存在でした。彼らは世間の人々に向かって何を説いていたのかを見ていきましょう。*

*渡辺照宏著 「仏教のあゆみ」

▲PageTop

51 仏教とはなにか -経典- ③

仏教解説

 これまで見てきたものは「経」の場合ですが、教団の規律に関する「律」は毎月一定の時期に戒律の根本の一つ一つをそれぞれの支部で朗読して、各自のこれまでの行いをを反省することになっていたから、真面目な僧たちは普段からよく覚えていたはずです。そして、やはり多少の地方的差異が段々とできていったことでしょう。

 マハーカッサパたち五百人がラージャガハで最初の結集を行った後に、同じく長老のプラーナに出会いました。彼らは結集のことを報告し、その結果を承認するように申し入れました。プラーナは次のように答えました。「諸君が結集したことは結構なことだが、私は自分がブッダから親しく聞き親しく学んだとおりに覚えておくことにしよう。」この事実から見ても、第一回結集は、教団全部によって承認されたのではなかったことは明らかです。ある伝承によると、マハーカッサパの一派と同時に、別の一派が独立して結集を行ったともいいます。

 とにかく結集によって「律」や「経」の本文が確認され、またその後、口から口へと伝えられるようになって、教えの内容のみではなくその用語までも固定化されるようになりました。ブッダの在世中には聖典の用語は流動的でしたが、ブッダの入滅後その言葉をできるだけ忠実にもとのまま保持しようという意識的な努力が行われたことは明らかです。その上、時代が変わり、活動舞台が移るにつれて、かつては生きた言語であったものが、聖典専門用語となって固定化しました。その言語の最終の形が決定されたのは西暦前第一世紀頃のことと思われます。これがパーリ語です。同じくその頃のことでしょうが、聖典を新しく編集して順序を整え、文体や内容を統一しました。パーリ語聖典においては同じような決まり文句が異なった状況の記事に現れ、時としては前後の文脈を考えるといかがかと思われるような繰り返しが違った経典に見られることから考えても、現存のパーリ語聖典が自然に集積されてできたものではなく、一度集められた資料を一定の計画のもとに編集したものとしか考えられません。

 パーリ語といっても新旧の層の差が明らかに区別され、同じ経典といっても比較的古い偈文(定型詩)と比較的新しい散文の部分とがあり、その各々の中においても区別がつけられる場合もあります。要するにパーリ語はブッダ時代の教団用語から由来していることは間違いないとしても、今日伝わる聖典に見られるものはブッダ入滅後四百年頃に固定されたものと考えられるので、かなりの変遷があったであろうと予想されます。

 西暦紀元頃からは、サンスクリットも、仏教のある部派では用いられるようになりました。十九世紀の末頃から引き続き中央アジアで発見された梵本(サンスクリット)の断片のうちにはパーリ語経典に相応するものがいくつか見出されました。漢訳やチベット訳の阿含や律なども、パーリ語からではなくサンスクリットの原典から翻訳されたものだと考えられます。

 伝承と異なる聖典の集録がいくつも存していたことは、中国僧の旅行記やその他の記録から見ても明らかです。交通のあまり便利ではない時代に、地方的に伝承が異なってくるのはやむを得ないことで、違った聖典を持つことは教団の分派の少なくとも一つの原因でした。それぞれの地方団体においても、最高の拠り所は、人ではなくて教えだったので、自派の奉じる聖典の正統さを主張することは非常に重要な問題でした。つまり、分派の事件の後には、常に結集を行って聖典の本文を再検討再確認をしました。同じ内容の聖典を奉じない者は別の派を作りました。このようにして、多くの部派が形作られ、ついには約二十の部派ができたといいます。しかし、分派の根本は上座部(保守派)と大衆部(だいしゅぶ:進歩派)との対立で、これが表面化したのはアショーカ王の治世の頃でした。*

*渡辺照宏著 「仏教のあゆみ」

▲PageTop

50 仏教とはなにか -経典- ②

仏教解説

 さて、これまでに出てきた仏教聖典はどのようにして成立したのでしょうか。南方仏教の伝承によるブッダ入滅後間もなく五百人の僧がラージャガハの郊外に集まり、マハーカッサパが議長となり、ウパーリとアーナンダがそれぞれ「律」と「経」とを記憶によって唱え、それを一同で検討して承認しました。これを結集(けつじゅう)といいます。当時は一般の習慣として聖典を文字に写すことはあまりなかったので、結集した聖典は口伝によって暗誦され普及されました。この時できあがった本文の集成を、アショーカ王の時に王の弟マヒンダがセーロンに伝え、紀元前第一世紀にいたって、セーロンで始めて文字に写されたといいます。三蔵の第三部にあたる「論」もマヒンダによってセーロンに伝えられたといわれています。

 もしこの伝承がそのまま正しいとすれば、現存のパーリ語聖典の主要部はブッダ入滅後間もなく編集されたもので、つまり、ブッダの口から聞いた言葉を忠実に伝えたものと言わなければなりません。しかしこの点については専門学者の間では異論があります。

 まず問題になることは、パーリ語ははたしてブッダの当時に教団で用いられていた言語なのでしょうか。大体からいえばまずそれに近いといって間違いありません。ブッダ入滅後二百年頃に記されたアショーカ王の刻文はそれぞれの地方の方言で書かれていますが、明らかにパーリ語と同じ系列の言葉です。現にこれらの刻文の解読にもっとも役立ったのはパーリ語やプラークリット語の知識でした。パーリ語がアショーカ王の治世か、その前後に北インドで通用していた実際の言動と似たものであることだけは間違いありません。

 パーリ語の起原について学者の意見は必ずしも一致しません。セーロンに伝わった正統派の伝承を尊重する学者はパーリ語とマガダ語とを結びつけ、ブッダはその活動の中心地であったマガダ地方の方言を教団で採用し、それがパーリ語になったといいます。また別の学者の説によると、マガダよりも前に優勢であったコーサラ地方の方言がパーリ語の基盤であるといいます。言語学的に見て、どちらにも理由はあるが、そのどちらとも決定できないところにパーリ語の特色があると思われます。つまり、パーリ語は特定の一地方の方言というよりも、むしろガンジス河中流地方の一分化圏の共通語であったと考えた方が事実に近いらしいといわれています。当時この地方では商人・宗教家・学生などの往来があって彼らはどこで出会ってもすぐに話が通じました。それは、一種の標準語であったに違いありません。ラージャガハの人もサーヴァッティーの日とも格別苦労なしに覚えられるような言葉であったことでしょう。ブッダの教団で日常普通に用いられていた言葉はそれであったと思われます。

 ブッダは教団の人たちがサンスクリットではなく「自分の言葉」でブッダの教えを学ぶように決めたといわれています。ブッダの精神からすれば、わざわざ難しい学者の言葉を用いず、各々が自分たちの普段用いる言葉で教えを学ぶことが願わしいことであったでしょう。当時の教団の実情から考えれば、僻地(へきち)の訛りで律や経を唱えていたのでしょう。

 ブッダの入滅の後に集まった人々は各自の習い覚えた聖典を互いに比較して校訂したことでしょう。出身地が異なり、ブッダや先輩の弟子たちと接触した時や所の違う僧たちは互いに知識を交換し補足しあったことでしょう。こうしたことはブッダ在世中にも機会がある度に繰り返され、このようにして、書かれていない文献は段々と成長していったことでしょう。つまり結集はその大規模なものですが、個人と個人の交換は度々行われていたことでしょう。*

*渡辺照宏著 「仏教のあゆみ」

▲PageTop

49 仏教とはなにか -経典- ①

仏教解説

 現在仏教の聖典は色々な言語で書かれたものがありますが、最も量の多いのは漢訳とチベット語訳の大蔵経で、多少出入りはありますが、量と質ともにほぼ匹敵します。モーコ語や古代満州語の大蔵経は大体においてチベット大蔵経をそのまま翻訳したものです。

 漢訳の大蔵経は、はじめからまとまった収録として編集されたものではありません。西暦二世紀の中頃、中央アジアから来た仏教僧が個々の経典を翻訳したのを手始めに、後には中国僧またはインドから来た僧侶の手で段々と訳されてきたものが集積し、これが十世紀(宋代)頃まで続きました。大蔵経という形で刊行されたのは九百七十一年から九百八十三年に木版で完成したのが最初です。これは元来バラバラに翻訳されていたものを系統立てて編集したのでした。

 チベットに仏教が入ったのは七世紀始めで、ここでも聖典を得るに随って次々に訳し、後に大蔵経として編集しましたが、中国の場合と異なることは始めから王室の事業として企画され、必要に応じてあとから補充したり改訳したりして、いつもまとまりを考慮に入れていました。この点中国の訳経事業が、たとえ国家の支持を受けていた場合でさえも、個人的な枠の中の仕事で、経典の選択が偶然に支配されることが多かったのと事情が違います。ただし五百年近くも歴史が古いので漢訳資料もまた重要であることは言うまでもありません。

 以上に挙げた経典の系統の他にもう一つ別の大蔵経(普通は三蔵)があります。それはセーロンに伝えられビルマ、シアム、カンボジアなど東南アジアに行われているところから「南伝」とよばれ、量から言えば漢訳やチベット語訳よりもずっと少ないですが、質的でいえば非常に重要です。その用語をパーリ語といい、現在でもこれらの諸国では、そのまま元の言葉で読みもし、研究もしています。南伝大蔵経の特色は、後世に書かれた注釈や史伝などの部を別にすると、一貫した方針で編集されている点です。もちろん細かい点では内部に矛盾した記事も見出されますが、とにかく仏教のうちのある特定の一系統の伝承を伝えたものです。これに反して、漢訳やチベット語訳の大蔵経は、色々な派の伝承や説を一緒に集めています。

 以上の他に主としてネパール、チベット、中央アジアなどで発見されたサンスクリットの原典も知られ、その主になるものはすでに前世紀依頼出版されました。このうちにはきわめて重要なものも多いですが、なにぶんにも前記の大蔵経に比べると量の点が微々たるもので、もとより大蔵経というほどではありません。その他中央アジアの様々な方言(現在では全て死語)で書かれた断片も発見され、歴史的には貴重ですが、仏教の研究資料としてはあまりにも量が少ないのです。

 日本では古くから大蔵経は漢訳で読むのが原則でした。明治時代以後「国訳」が試みられましたがその大部分は漢文の書き下しであって、現代日本文に改めたものは数えるほどしかありません。昭和時代に「南伝大蔵経」の和訳が刊行されましたが、これもやはり大体において古風な文体を用いました。英仏独その他のヨーロッパ語訳も色々出ています。*

*渡辺照宏著 「仏教のあゆみ」

▲PageTop

Menu

プロフィール

hide

Author:hide
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR